私たちは有機栽培で最高の茶づくりを追及しています
私たちは様々な角度から茶を見つめ技術向上に努力精進しています。

静岡有機茶農家の会の勉強会
栽培技術 製造 茶術
駿河天狗の勉強会 手揉み勉強会 お茶いれ勉強会


栽培技術( 駿河天狗の勉強会)
1993年スタート
国内初の有機栽培の技術勉強会です。「作物は根からもアミノ酸を吸収する」という理論を軸とした「有機栽培だからこそおいしさと栄養価の高い作物が可能」という考え方を茶畑で実践。有機栽培で最高の茶づくりを追及して参りました。農薬や化学肥料は使わない、安心安全はあたりまえ。当会4茶園のおいしさと栄養価を高める一歩先を行く勉強会です。


栽培技術(全国版/一園逸茶の勉強会)
2008年スタート~2016年終了
静岡有機茶農家の会では有機栽培を志す全国の茶農家にも呼びかけ全国版の勉強会も立ち上げました。勉強会は各茶園データを公開し合いながら進めますので茶園数は多いほどわかることも多くなります。広い視野で茶栽培を捉えたこの勉強会は後継者世代の育成にも役立っています。当会含め11茶園の県内外の茶農家仲間の勉強会です。

製茶(手揉み勉強会)
2014年スタート

手揉み製法は製茶の基本。手揉み製法の習得は製茶の技術向上には欠かせません。手揉み技術を通して茶葉の状態が手でわかるようになると、機械で製茶するお茶も変わってきます。そんな職人の手を作る訓練でもあります。最先端の有機栽培による生葉を使い伝統の手揉み製法でお茶を揉む。自慢の生葉を生かす製法の技も高めます。

お茶いれ(茶術勉強会
2007年スタート

「茶術」は茶葉の魅力を最大限に引き出すお茶いれ技術。茶道とは異なり増す。茶葉の特性、水や湯の特性を理解しいかにおいしくいれるかに特化した技術です。おいしいお茶をいれるためには茶葉を見る目も養わなければなりません。これは良い茶づくりのためにも必要なことです。伝統産地の山奥には、¥茶の葉を研究しつくしたお茶いれの技があるのです。