静岡有機茶農家の会の茶手揉み

自然仕立ての生葉栽培から取り組む手揉みのお茶

平柳利博 メンバー
手揉み師範 茶農家メンバーを中心に、
手揉み製法の技術を磨いています。
富士市茶手揉保存会会長
静岡県茶手揉保存会副会長


自然仕立ての最高級品質の生葉
手揉みのお茶の原料葉は自然仕立ての生葉です。
静岡有機茶農家の会では、自然仕立て園を作ることから手揉み製法に取り組んでいます。
自然仕立てとは、茶樹本体の力を最大限に生かし、最高級品質を収穫するための栽培方法です。
品質重視で仕立てる栽培方法で、機械刈りで収穫しやすいように仕立てる丸刈り園とは異なり、
お茶の樹を伸ばして年に一度その先に芽吹く新芽だけを収穫します。
摘採方法は手摘みとなります。

有機栽培の生葉だからこその手揉み製法
静岡有機茶農家の会では、有機栽培ならではの手揉み製法を研究しています。
長年、継続してきた栽培技術勉強会で培ったノウハウを生かし、有機栽培の生葉の良さを
より引き出す製法の研究です。