「静岡有機茶農家の会」は、
有機栽培に取り組む自園茶農家が集う
国内初の有機栽培の技術勉強会としてスタートしました。

【自園茶とは】
茶畑と茶工場を持つ茶農家により、栽培から製造、袋詰めまでが行われる一貫生産のお茶を「自園茶」と言います。一軒の茶農家が家族で取り組む今では希少な小さな茶づくりです。お茶を育てる仕事に多くの力が注がれるため農産品としての価値が光るお茶とも言えます。
日本のお茶のほとんどは、栽培する農家と商品に加工するメーカーに分業化されており、加工業者であるメーカー主導型の商品づくりが行われています。


静岡有機茶農家の会は、ライバル茶園同士が協力し合い技術を高めてきた全国的にも珍しい会です。国内で初めて有機栽培の技術勉強会をスタートさせた日本の有機農業運動の歴史を担う会でもあります。現在では有機栽培歴40年以上の茶園を中心に4軒の茶園で高品質有機栽培に取り組み、最高の茶づくりを追求しています。

静岡有機茶農家の会の有機茶園

ほんやま りょうごうち やいなば すけむね
(浅蒸し) (中蒸し) (深蒸し) (濃い蒸し)

※生粋の有機農業家による茶づくり。当会の茶畑は100%有機認証を取得しています。

静岡有機茶農家の会の手揉み師
静岡有機茶農家の会では、手揉み製法にも取り組んでいます。自然仕立ての生葉栽培からの取り組みです。


茶畑からの文化伝承
技術の原点、茶づくりへの姿勢

農薬や化学肥料を使わない安心安全はもちろんのこと、技術を高める努力を惜しまず常に品質向上を目指し茶づくりに向かっています。

静岡有機茶農家の会の勉強会
栽培技術 製茶技術 茶術
駿河天狗の勉強会 手揉み勉強会 お茶いれ勉強会

 

~味と栄養価への挑戦~ <9:33>

 

静岡有機茶農家の会の代表作
有機栽培技術の集大成

 
駿河天狗の養生煎茶
おいしさはもちろん、お茶の原点と役割を見つめ作り上げた自信作。そもそもお茶は養生のための飲み物でした。
 
有機栽培が理想的に向上すると、糖度が高くビタミンCが豊富で硝酸塩が少ない、おいしくて栄養価の高い作物を育て上げることができます。まだほんの一部ですが、国内では既にそのような作物が育てられており、これが世界トップの日本の有機農業技術と言われています。

その栽培をお茶の葉で実現!

糖の甘みも豊かですのでいれ方も簡単。熱い湯でいれてもおいしく、硝酸塩も少ないため嫌な苦みもありません。
 
お求めはオンラインショップ
「お茶うらら」からどうぞ。

 

 
★手揉み勉強会
新茶の手揉み
<終了>2018年4月16日(月)
<終了>2018年4月17日(火)
<終了>2018年4月19日(木)
<終了>2018年4月21日(土)
★2019年産のための
施肥設計研究会

2018年6月に予定。